ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

骨粗鬆症を注射で治す!?予防になる食べ物は何?

骨粗鬆症の原因 ためしてガッテン
骨粗鬆症は日本の高齢化社会で無視できない病気のひとつです。

今回は、いまからできる骨粗鬆症を予防する方法などをお話ししましょう。


スポンサーリンク


骨粗鬆症の原因とは?

骨粗鬆症 年齢 画像引用元:http://sinia7.jugem.jp/?eid=37

正常な骨は骨の吸収と形成のバランスが保たれていますが、骨の吸収が形成を上回ってしまうのが 骨粗鬆症の原因です。

全体の90%を占めているのが、閉経後の女性と65歳以上の高齢者です。ただ、高齢者だけが急に病気になるのではなく、30代から40代の方にも多くの予備軍がいるようです。

やせ型・母親の骨密度に注意!

骨密度 画像引用元:https://ri-c.co.jp/newscheck/

40代の10人に1人は骨粗鬆症予備軍だそうです。その中でも、やせ形の方や自身の母親が発症したかどうかで予備軍の有無がわかります。

やせ型の方に多いのは、脂肪が少ないので体重が及ぼす骨への負荷が少ないこと。また、骨を強くする作用のある女性ホルモンが少なくなるためです。また、自身の母親の発症で、自身も骨密度が低くなりやすい体質かもしれないということを知る目安になります。

注射を使った新薬の治療法について

新薬の治療法 画像引用元:http://www.lifeworker.com/kotsusoshosho-chusha/

いままでの骨粗鬆症治療は飲み薬によるものが主で、効果にも時間がかかっていました。

現在は、新しいタイプの治療薬が登場しました。それは、半年に一度「デノスマブ」という注射を打ちます。個人差はありますが従来の飲み薬治療の2倍で骨密度アップという結果があります。もちろん、副作用もありますので、医師との相談は不可欠です。

骨粗鬆症を予防する食べ物は?

カルシウム 食べ物 画像引用元:http://www.skincare-univ.com/article/010995/

骨粗鬆症を予防するには、やはりカルシウム摂取です。1日あたり700mgの摂取が理想です。目安としては、

・牛乳 636ml(3杯)
・豆腐 580g(2丁)
・いわし 538g(10尾)
カルシウムの吸収を助ける、ビタミンD、Kと一緒に摂取すると良いです。きのこ類、豆、ホウレンソウの同時接種がおすすめです。

骨粗鬆症でいままでの生活が一変なんてこともあるかもしれません。自由に体を動かせないのは辛いものです。気が付いた時からすぐに始めるのがおすすめです。少し食事を意識するだけで将来の元気な生活につながってくると思います。

スポンサーリンク
 
Return Top