ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

肺炎球菌って何?ためしてガッテンで紹介されたワクチン情報はここ

肺炎球菌 ためしてガッテン
NHKではお馴染みの人気番組、【ためしてガッテン】で肺炎を予防する内容が放送されました。1月25日に放送されたもので、肺炎の元となる【肺炎球菌】について詳しい情報と、その対策方法をびっしり詰めた内容です。

ここでは、その時に紹介された詳しい内容をお伝えしていきたいと思います。


スポンサーリンク


肺炎を起こす原因菌について

肺炎の原因 画像引用元:http://www.skincare-univ.com/article/010030/

日本の死因の中でもワースト3位に入っているのが肺炎だという事をご存知でしょうか?実は、私たちの国では1位にがん、2位が心疾患、そして3位に肺炎となっており、ほぼこの順位の変動はありません。(4位に入る脳血管疾患は僅差なので入れ替わる事もあります。)しかし、それだけ意外と肺炎も怖い病気の一つなんです。

この肺炎を引き起こす原因となっているのが、【肺炎球菌】という菌なんです。肺炎の原因菌の中でも感染率と致死率が最高と言われる菌です。

恐ろしい事に、この菌の周りには抗体から身を守るように殻のようなものがついているのが特徴で、免疫細胞が菌を掃除しようとしても、この殻のせいで簡単に壊すことが出来ず、すんなり逃げられてしまうんです。免疫細胞が菌を掃除出来ないので、逃げられるどころか増殖されてしまい、最終的に肺炎を引き起こしてしまうのが【肺炎球菌】の正体なんです。

肺炎球菌はどこから体に侵入してくるの?

肺炎球菌 画像引用元:https://doctors-me.com/doctor/allergic/1/column/5808

肺炎球菌は昔はどんなところにも棲みついている菌でだったんです。ところが、今では環境の変化や気温差などで棲みづらくなり、なんと人の鼻の奥に棲むようになったんです!

しかし、肺炎球菌がいるからと言ってその人たちが肺炎になっているわけではありません。棲んでいるだけでは悪さをしないのですが、例えばインフルエンザなどのきっかけで咽頭に傷がつくと、菌が肺に侵入しやすくなるんです。肺炎になる理由は連鎖から来るものなんですね。

残念ながら、一般の医療機関で調べるのは不可能なので、ここで出番となるのが【肺炎球菌ワクチン】です。

肺炎球菌ワクチンの種類や違いは?

肺炎球菌ワクチン 画像引用元:http://www.kaigo-manual.com/pickup/506

高齢化するほど死亡率が高くなることから、日本では【肺炎球菌ワクチン】を推奨しており、現在国では65~100歳の5歳刻みの方限定に8000円の肺炎球菌ワクチンを約50~100%割引で接種できる補助制度を行っています。適用期間は2019年の3月までです。

実はワクチンには、高齢者用の定期接種になっている【大人用ワクチン(PPSV23)】と、赤ちゃんが定期接種になっている【子ども用ワクチン(PCV13)】 の2種類があります。このワクチンのそれぞれの特徴についてご紹介します。

【大人用ワクチン(PPSV23)】
肺炎球菌のワクチンとは「脾臓」に働きかけるもので、この脾臓とは、背中の左側にある肝臓と対になる臓器になります。肺炎球菌が体内に侵入すると、増殖を防ごうと脾臓から出される【マージナルゾーンB細胞】という特殊部隊が出動します。この細胞が肺炎球菌に降りかかる事で抗体の掃除をしてくれます。抗体が降りかかる事で菌を掃除してくれる好中球が肺炎球菌を片づけやすくなります。

しかし、年齢を重ね毎にこの脾臓はだんだん縮小していってしまいます。するとマージナルゾーンB細胞の出が少なくなるため、感染時に防ぐことが困難になっていってしまうわけです。脾臓の重さは25~40歳を境に徐々に減少していき、60歳頃では随分と小さくなってしまいます。そこで対策の補助制度がその辺りから使えるのもうなずけますね。

ワクチンを打つ事で脾臓の働きも活発になり、予防免疫細胞が元気よく働くため予防になるので、安い内に、そして元気なうちにワクチンは打っておきましょう。しかもこのワクチンは、日本国内感染を前提とした肺炎球菌の約30種類の内、23種類に対応するそうです。

【子ども用ワクチン(PCV13)】
2013年から赤ちゃんにも定期的に接種を勧めている肺炎球菌ワクチンには、最初から鼻の奥に菌が棲めなくするという新しいワクチンなんです。これが進めば、いつか肺炎を起こす人もいなくなるかもしれませんね!

赤ちゃんのワクチンの効果は絶大な効果を発揮し、なんと生涯永久に菌が棲まなくなります。補助なしではありますが、約1万円ほどで受けることが出来ます。この1万円で一生の安全が得られるなら安いものです。

このワクチンでは、大人のワクチンと同じく日本国内感染を前提とした肺炎球菌の約30種類の内、13種類を予防できるそうです。13種類程度と思われるかもしれませんが、この13種類であっても一生感染する危険がないのは大きなことだと思います。もし成人でこのワクチンを打つ場合は65歳以上と義務付けられています。また、両方ワクチンを使用する場合は1年以上の間隔を開ける必要があるそうです。

必要性などは、ご自分のかかりつけ医に相談の上決めてください。

寝るときに出来る肺炎予防法はココ

肺炎予防法 画像引用元:http://www.skincare-univ.com/article/010739/

寝る時にもちょっとした予防方法があったりします♪ほんの気持ち程度に頭を高くして寝ると、誤嚥性肺炎の予防にもなります。例えば布団の下にタオルを丸めたものや、座布団などを枕にして寝たり、ベッドを少し傾けさせて寝るとより効果が期待できます。ご年配の方などで不安がある方は試してみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか?身近なところで起こる肺炎の真相をお伝えしましたが、肺炎球菌を持っているかも分からなければ、いつ発症するかも分からない怖い病気です。

少しでも心配な方は、出来る限り早めにワクチンを接種し、また小さなお子さんにも、菌が侵入される前の早い段階の内にワクチンを受けておきましょう!

スポンサーリンク
 
Return Top