ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

健康食品

ためしてガッテン|脾臓の役割や機能を活性化させる食べ物について

脾臓 ためしてガッテン
ためしてガッテン
『脾臓』って、イマイチ、体のどこにあるのか?どんな働きをするのか?もよくわかりませんよね。

こぶし大ほどの大きさで場所は体の左側の横隔膜の下、前面には胃、肋骨の下にあります。メジャーな胃や肺などと比べるとあまり目立たない臓器ですが、その『脾臓』が今、注目されています♪

ここでは、脾臓の役割や機能について紹介していきます。

スポンサーリンク

脾臓の役割について

脾臓の役割
画像引用元:http://biz-journal.jp/2016/04/post_14552.html
脾臓の場所もイマイチよくわかりませんでしたが、役割についてもあまり知られていませんよね。一体どんな役割をしているのでしょうか?調べてみましたよ。まず脾臓の主な機能は4つあります。

○免疫機能、
○造血機能、
○血球の破壊
○血液の貯蔵機能

脾臓は循環器系の一部の臓器であるので、機能の代替ができるので、たとえ手術で摘出しても問題ないとされていましたが、4つの機能のうちの免疫機能について大きく関係してくることがわかりました。

脾臓を摘出することで、肺炎球菌やインフルエンザ菌、マラリアなどに感染すると重症化しやすくなるため、体に入り込んだ異物をやっつける役割をしていることがよくわかります。

脾臓が元気なら肺炎も予防できる!

肺炎の予防法
画像引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/378022/
そんな脾臓を摘出してしまうとどうなるでしょう?先にお話しした通り感染症など病気の重症化が見られることがここ最近の研究でわかってきました。

脾臓の免疫細胞「マージナルゾーンB細胞」と呼ばれる細胞が独自の機能で肺炎球菌を捕まえて、白血球の一種による好中球がその菌を排除する働きから、脾臓が元気であれば病気に対する予防に役立つ臓器であるということなのです。

機能を活性化させる食べ物は?

脾臓の機能
画像引用元:http://www.skincare-univ.com/article/006935/
そんな脾臓の機能を活性化するためにはどうすればよいでしょうか?機能をあげるための食事も大事です!どのような食事をとるとよいのかリサーチしてみました。

まず、体を冷やすような食事は避け、温かいものを積極的に取りましょう。食材として良いとされるものは、とうもろこし、ハト麦、豆類、冬瓜、レタス、かぼちゃ、人参、牛肉等がおすすめの食材です。

循環器系の一部として機能している脾臓は、以前までは病気などで摘出しても何も問題がないとされていましたが、今ではこのように脾臓の免疫機能が重大な役割をはたしていることがわかり、摘出せずに、残すような手術や治療法を行うようになりました。

ぜひ体によいハト麦や人参、カボチャなどを積極的に摂取して、健康な体でいられるように健康な脾臓でいましょうね♪

Return Top