ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

お役立ち情報

【虫歯】 痛みがない虫歯の原因と入れ歯について ※ためしてガッテン

虫歯
ためしてガッテン大人の虫歯について
痛みがない「大人虫歯」が急増中!!

今回は、放っておくと歯が次々と失われたり、土台の骨が溶けてしまうこともある「大人虫歯」についてご紹介します。

スポンサーリンク

痛みがない大人虫歯とは?

大人虫歯
お役立ち情報満載の番組「ためしてガッテン」で紹介された「大人虫歯」

歯の内部の神経は虫歯ができると刺激されて痛みを感じます。
しかし、大人になると虫歯菌から神経を守るために歯の本体である象牙質を新しく作るため、痛みを感じづらくなってしまうのです。

痛みがないと油断しているうちに、じわじわと虫歯が悪化していってしまいます!!

大人虫歯の原因について

虫歯
歯は、あごの骨を土台に突き刺さるように並んでいますが、歯が抜けると、それを支えていた骨はなんと溶けていってしまうのです。すると、周りの歯までもがぐらつくようになるため、虫歯や歯周病になりやすくなり、歯が次々と抜けてしまうことも!!

歯を失わないためには、抜けた歯を放置しないことが一番の対策です。

『前から数えて6、7番の奥歯が、2本連続して失われている場所が、1つでもある』方は黄信号、『6、7番の奥歯が、2本連続して失われている場所が2ヶ所ある』、『奥歯が3本続けて失われている』という方は赤信号ですので、チェックしてみてくださいね。

入れ歯の落とし穴とは?

「NHKためしてガッテン」では、入れ歯の落とし穴についても紹介していました。

入れ歯は、長い間使用しているうちにすり減り、噛み合わせが変わってきます。そのため、力が一部にかかりすぎて、あごの骨が減ってしまうことが!!たとえ、入れ歯トラブルなくても、半年に一度は歯医者さんで診てもらうと良いでしょう。
虫歯
また、「安定剤をつけないと外れてしまう」「入れ歯が小さすぎる」などに心当たりのある方もご注意くださいね。噛み合わせがズレたり、歯茎がやせているかもしれません。

大人虫歯は見つけにくいため、半年に1回は歯医者さんでチェックしてもらうことをおすすめします。 歯を磨くときはソフトに磨くこともポイントですよ。

Return Top