ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

ガッテン|盲腸の原因や治療法について。虫垂炎を防ぐ方法とは?

激しい腹痛
ためしてガッテン
お腹が猛烈に痛い!食あたりなどの痛みとは全然違う。その痛み、もしかして盲腸かも?!盲腸の痛みというのは突然やってきます。それはもう激痛なのだとか。突然動けなくなるほどの痛みが出たら安易に胃腸薬を飲まずに病院へ行った方がよさそうですね。自己判断は決してしないようにしましょう。

そもそも盲腸って何?予防出来るもの??そんな疑問をまずは解消していきましょう!

スポンサーリンク

盲腸(虫垂炎)はどんな病気?

盲腸
盲腸と一般的に言いますが、正確な病名は「虫垂炎」といいます。盲腸は臓器の名前になります。虫垂炎という病気は、盲腸の中にある「虫垂」と呼ばれる小さな小さな袋のようなものが詰まったり炎症を起こした病気のこと。この詰まりや炎症が激痛を引き起こします。

そもそも盲腸とは大腸の一部を指し、一昔前まで「役に立たない臓器」と認識されてきました。そんな少しかわいそうな盲腸ですが、意外と大事だったりするらしい!と近年の研究で分かってきました。というのも盲腸の中にあるこの小さな虫垂の中にたくさんの免疫細胞が住んでいて、この細胞が腸内フローラに深く関わっているのでは?とされています。

現に虫垂炎の手術をした人は術後1年半~3年半の間、大腸がんになるリスクが手術をしていない人より2.1倍高いことが分かりました。

盲腸の治療法や手術について

盲腸 手術
盲腸になった場合、治療法は二通りです。一つは「手術で虫垂を切除」、もう一つは「薬で炎症を抑える」、この二つがほとんどになります。どちらが良いかは状況に応じて、というところでしょうか。

例えば炎症がひどい場合や、虫垂に膿が溜まっている場合は手術で切ってしまうことが多いようです。薬物治療と併用するケースも増えてきましたが、薬で治療した場合、約10%~35%の方は再発することが多いので手術しておいた方がいいかもしれません。

盲腸(虫垂炎)は放っておくと重症化する場合があります。最悪の場合、死に至ることもあるんですよ。盲腸とあなどらず、きちんと医師の判断を仰ぎながら治療していきましょう。

盲腸の予防法はあるの?

盲腸の予防法
盲腸を予防出来るなら、出来たことに越したことはありませんよね。ある実験を行った結果、食物繊維を多く摂取している人は盲腸になりにくいということが分かりました。

というのも、盲腸になる一番の原因は消化物が固まって虫垂をふさいでしまうことなんだとか。そうならない為にも便通を良くして腸内環境を整える、これが予防に繋がるのでは?と考えられています。便秘気味な方は海藻や野菜など食物繊維を多く含むものを食べて、腸内環境を改善していきましょう!

盲腸は大切な臓器だったんですね。食生活が乱れていると腸内環境のバランスが崩れてしまいます。恐ろしい激痛が明日も来ないとは言い切れません。それは盲腸に限らず!健康で元気に過ごすためにも、栄養バランスの取れた食事と適度な運動を心がけましょう♪

Return Top