ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

ガッテンの若返り方法が簡単!1週間で動ける身体をGETしよう!

ガッテン 若返り方法
美容情報
「寄る年波には勝てない」とは言いますが、それでもいつまでも若々しく元気にいたいですよね!誰だって病気より元気の方がいいに決まってる♪

今回はガッテンでも紹介されて話題となった若返り方をご紹介します。最近ちょっと元気が出ないな、お肌の調子がちょっと…なんて人も要チェックですよ~!

スポンサーリンク

若返りホルモンを分泌し続ける方法は?

若返りホルモンの効果
アンチエイジングに注目が集まり、さまざまな食品や運動などがブームとなっています。そんなアンチエイジングでかかせないとのが「若返りホルモン」というもの。若返りホルモンを分泌し続けることがと~っても重要なんだそうです。

この若返りホルモンというのは「成長ホルモン」のことで、人間にとっては必要不可欠なものになります。脳下垂体から分泌されるんですよ。

成長ホルモンは肌や体を若く保つ働きがあるのですが、残念ながら加齢に伴って減少していきます。だいたいの分泌量ってご存知ですか?大人になるとわずかティースプーン1杯分にも満たないそうで、とても貴重なんですね。
成長ホルモン 血糖値
成長ホルモンは若さだけでなく、免疫力を高めたり代謝をUPさせたり血糖値を正常にしたりとありとあらゆることに関係していますのでしっかり分泌させたい!ということで、分泌に大切な3つの要素をご紹介します。

《食事》
まずは食事です。寝る前に何か食べていませんか?特に糖質に注目です。糖質はアルコール類やご飯やパンといった炭水化物、スイーツなどに含まれています。

寝る前に糖質を摂取すると血糖値が上がり成長ホルモンの分泌に悪影響を与えます。寝ている時に成長ホルモンは分泌され、その量は1日に分泌される量のおよそ70%とされています。

ですが寝る前に糖質を摂ると上手く分泌されなくなります。出来れば寝る3時間前までに食事は済ませるのが一番ベストです。

《睡眠》
睡眠も大切です。体内時計を調整するメラトニンという物質が若返るホルモンなのですが、良い睡眠を取ることで分泌されます。メラトニンは抗酸化作用があり、老化防止になるんですよ。体内の活性酸素を除去することで老化と病気の両方を防いでくれます。

しっかり良質な睡眠を取るには寝る前のスマホはパソコンは控えるようにしましょう。最低でも1時間前で見るのはやめたいですね。

《運動》
最後に運動です。筋肉にゆっくりと負荷をかけてあげると成長ホルモンの分泌が良くなります。反動をつけて行うのでは【ゆっくり】というのがポイント!少し意識してみてくださいね。

毎日は無理という人は週に2~3回でもOKです。15分程のストレッチでも十分効果があります。無理なく続けてみましょう。

くねくね体操のやり方とは?

とはいえ15分でも普段運動をしていない人にとってはハードルが高いですよね。そんな人にとってもおすすめの体操をご紹介します。すぐに出来て簡単なので誰にでも出来ますよ。

お年寄りの方でも出来るので家族みんなでやってみましょう!

【動画】

《くねくね体操①》
肩幅に足を開いたら頭を固定します。そして腰をくねくねと振りながら動かしましょう。

《くねくね体操②》
肩幅に足を開いたら体で「S」の字を作るイメージで、肩と腰を左右に移動させてください。先に肩、そして腰という風にするといいですよ。

これらの体操は神経に働きかけるので1週間ほど続けると効果が出てきます。それぞれ10回を目安に始めてみましょう♪

「がにがに体操」のやり方や効果

くねくね体操と一緒にこちらもおすすめ!

【動画】

《がにがに体操》
ジャンプしながら膝と肘を引っ付けます。小刻みにジャンプするのがおすすめですよ。

くねくね体操もがにがに体操も全部一度にする必要はありません。どれか一つでもいいので取り入れてみましょう。

また毎日「しなければならない」と思うとどうしても続きません。やれる時にやる、思いついたらやるというスタンスでも全然いいんですよ。

体への負担も要注意!こんな場合は控えよう

体への負担
普段運動をしていない人やお年寄りの場合は体に少なからず負荷がかかるので、絶対に無理はしないようにしましょう。

特にがにがに体操はジャンプするので注意が必要です。転倒や関節を痛めるといったこともあります。出来そうにないものはやらないようにしましょう。そして何か痛みや違和感があればすぐに運動は中止してください。

南雲吉則先生が実践!「若返りホルモン」を出す方法

南雲吉則 若返り
テレビなどでも見かける南雲先生ってご存知でしょうか?どこからどう見ても57歳には見えないと話題なんですよ。

南雲先生はお金をかけずに若返りホルモンを出す方法を紹介しているのですが、先生の見た目を見れば説得力がありすぎる程です。では南雲流の分泌方法を見てみましょう。

1、食事はお腹が鳴ってから!

小腹が空いた、口寂しいといったときについ間食していませんか?空腹と空腹感は別物と考えましょう。ちゃんとお腹が減った時に食事をすることがとても重要です。

空腹というのは若返りホルモンを増量させます。そして若返り遺伝子と呼ばれる「サーチュイン遺伝子」というのが発動するのだとか。そしてそして血管を綺麗にする「アディポネクチン」というホルモンも分泌されます。

空腹状態は肌つやを良くする効果があるんだとか!ですのでしっかりとお腹が鳴るまで空かせてからご飯を食べるようにしたいですね。

2、特別な運動なんて必要なし!

ジムやジョギングなんて必要ありません。南雲先生曰く、「心臓は一生で20億回しか拍動しない。わざわざ心拍数を上げて心臓寿命を短くする必要はない」とおっしゃっています。

それよりも出勤途中は仕事中、散歩などでしっかりと歩くことの方が大切なんだそうです。スマホ見ながら、下を向きながらではなく、胸を張りお腹も引っ込めるようして歩くこと!とのこと。

3、早寝早起き

22時~2時というのは若返りホルモンの分泌が盛んになる時間帯です。この時間帯をいかに熟睡するかがポイントです。そして起きてから朝日を浴びること。これで体内時計が整い、ホルモンの分泌が高まるんだそうです。

若返りホルモンは年齢とともに減少するということなので、早速取り入れたいですね。といっても規則正しい生活が大切なんだということがよく分かりました。しっかり食べて、早めに寝る!そして運動も適度に!これなら若返りだけでなく、病気に対しても効果がありますね。

Return Top