ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

【めまい】 原因・治し方・見分け方は? ※ためしてガッテン

めまい ためしてガッテンめまいについて
目が回るようにクラクラし、立っていられなくなることもある『めまい』
めまいは誰にでも起こる可能性がある症状ですが、自宅で治せることが明らかに!!

ここでは、健康情報を数多く取り上げてきた「NHKためしてガッテン」のめまい特集で紹介された新発想の裏ワザをご紹介します。


スポンサーリンク


激しいめまいの原因は?

めまい 原因 『めまい』が起こる原因はさまざまですが、ここでは自宅で治せるタイプのめまい「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」についてお話しします。

内耳の中にある耳石が加齢や外傷によってはがれ、体のバランスを感知するセンサーの役割を果たしている三半規管に入りこんでしまうことがあります。体が動くと三半規管にある【感覚毛】が脳にその情報を伝えるのですが、耳石が入り込むと、体が動いていないときでも感覚毛が刺激されてしまい、誤作動を起こしてしまうことに!!

これが「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」の原因とメカニズムです。
めまい BPPVであれば、耳石を取り出せばめまいは治りますし、実際に医療現場では、耳石を取り出す治療法が行われています。耳石を取り出して治す方法はわかったものの、これを自分でやるのは無理がありますよね…。

でも、めまいを自宅で治せる方法があるのです!!ためしてガッテンで紹介された「めまいを治す驚きの方法」は続きでチェック!

ふわふわするめまいの原因は?

ふわふわ めまい ふわふわするめまいが起きるときは同時に頭重感が伴うことが多く、広い範囲の年代に多く見られます。原因の特定が難しいのですが、年代によって原因を分けることが出来ます。

ふわふわめまいは、地に足がついていないような感覚で、乗り物酔いに似た症状があります。まっすぐに歩くことが難しく、歩いているうちにどちらかに寄ってしまいます。
めまい 年齢 30~50歳代までの比較的若い方のふわふわめまいの原因は、肩こりなどによる筋肉の緊張が原因だと考えられています。筋肉の緊張は血流障害を起こすため、ふわふわした感じや頭重感が生まれます。

50歳以上の方々がふわふわめまいになる原因としては、自律神経のバランスが崩れ起こります。なぜ自律神経のバランスが崩れるかというと、ストレス・睡眠不足・更年期障害が原因のことが多く、男性にも発症しますが 比較的女性のほうが多く発症します。ふわふわめまいに対する不安感から余計にめまいが強くなることがあります。

60~70歳代になると、女性より男性のほうがふわふわめまいになる方が多いです。高齢者がふわふわめまいになる原因には動脈硬化などにより動脈などの循環不全が起こりやすくなるためです。高齢者になると一時的に意識を失いかけることもあるので、注意が必要です。

ぐるぐるめまいの原因について

ぐるぐる めまい ぐるぐるめまいはかかる年代にかかわらず、女性に多いと言われています。また、起き上がることや頭の方向を変えることも困難なめまいです。嘔吐を伴うこともあり、耳の三半規管が原因で起こるめまいのようです。

ぐるぐるめまいと共に難聴や耳鳴りを伴う場合には、メニエール病や突発性難聴などの耳の病気からくるめまいの可能性も高く、その場合には早めに耳鼻咽喉科を受診することをオススメします。

しかしぐるぐるめまいのほとんどは、「良性頭位変換性めまい」と呼ばれ自然に改善されていきます。一般的によく見られる回転性めまいは、疲れや睡眠不足・ストレスが原因となり、三半規管が異常になることにより、起こるめまいです。

寝起きのめまいについて

寝起き めまい 朝起きて天井がぐるぐると回ってた…なんて経験した人いませんか?気分が悪く目覚める朝は誰だっていい気はしないですよね。寝起きからめまいを感じる人は、大きく分けて3つの原因があるといわれています。

①良性発作性頭位めまい
耳の中にある耳石という身体の器官が何らかの原因で本来あるべき位置からずれてしまったり、剥がれてしまい、それが三半規管に入りめまいが起こる状態。

②低血圧によるめまい
不規則な生活や無理なダイエット、最近では朝食を食べない人が多いですがこれらが原因で血圧が低下して起こる状態。

③ストレスによるめまい
普段の生活で強いストレス感じていたり、自律神経の乱れによりバランスが崩れると起こる状態。

朝、快適に目覚める為には普段の生活が関係してきます。朝食を抜いて低血圧になりめまいを感じる…そんな事が起きないように自分の生活を見直してみましょう。少し横になってみて変わらない、いつもと違うなど身体の異変を感じたらすぐに病院に行きましょう。

めまいで病院に行くときは何科?

めまい 病院 「たかがめまい…」そんな風に思っている方は危険です。めまいは脳に関係しているので侮ってはいけませんよ。原因はさまざまですが様子を見て異変を感じたらすぐ病院に行きましょう。めまいの種類や症状によって何科に行くか変わってきます

★ぐるぐる回っていると感じるめまい
回転性のめまいは耳の奥の三半規管に関わる事が多いです。この場合は耳鼻科に受診してみてください。耳鼻科で原因が見つからなかった時は脳神経外科・内科を受診するといいでしょう。

★ふわふわするめまい
ふわふわする浮動性のめまいはストレスや睡眠不足が考えられます。また脳の病気も考えられますので、脳神経外科・神経内科に受診しましょう。

★全身性めまい
いわゆる立ちくらみです。全身性めまいは血流の変動が関係しています。脳に送られる血流量が不安定になるとめまいに繋がります。なので内科に受診し血液を検査してもらうとよいでしょう。

めまいが起こる原因はさまざまです。耳鼻科に受診しても原因がわからないこともあります。脳神経外科に受診しても同じです。症状にあった科に受診することが原因解明に繋がりますが、自律神経も関係している事もあるので、まずは生活習慣を見直す事から始めてみましょう。

めまいの治し方は?

ためしてガッテンで紹介された新発想のめまいの治し方はこちら!!

◇めまいの治し方①~寝返り運動~
寝返り運動 ◆やり方
寝転がった状態で上を向いて10秒、次に右を向いて10秒、また上を向いて10秒、今度は左を向いて10秒。これを毎日朝晩それぞれ10セット行ってください。 耳石が1ヶ所に集まりにくくなるため、めまいの治療や予防に効果が期待できます。

◇めまいの治し方②~枕を高くする~
枕を高くして眠る ◆やり方
いつも使っている枕にタオルを重ねて高くするだけでOK!! 枕が高い状態で寝たほうが、耳石が三半規管に入りにくくなるようです。

メニエール病との見分け方は?

激しいめまいのうち、2番目に多いとされる「メニエール病」
耳鳴りや難聴などが起こり、非常に治りにくい病気であるメニエール病と「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」との見分け方をみていきましょう。
めまい メニエール病は見つけるのが難しい病気でしたが、確実な診断方法ができました。
解像度の高いMRIを使って検査をし、耳の奥に水ぶくれがあるとメニエール病と診断されます。BPPVは、安静にして耳石の動きが止まれば、めまいも治まりますので、症状がめまいのみで1分以内に治まるのであればBPPVと考えられます。

ただし、めまい以外に痺れや麻痺、ろれつが回らないなど、他の症状もある場合は脳卒中の疑いも!!1分たってもめまいが治まらない場合も、他の病気の可能性があります。これらの場合はすぐ医師の診察を受けてください。

めまいにお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
 
Return Top