ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

玉ねぎ&ニンニクが胃がん予防の切り札!! 効能は? ※ためしてガッテン

玉ねぎ ためしてガッテン
ためしてガッテン玉ねぎ&ニンニクについて
最近、ためしてガッテンで特集をやっていて、玉ねぎ&ニンニクが胃がん予防の切り札と宣伝していました。

ここでは、玉ねぎ&ニンニクの効能についてご紹介します!

スポンサーリンク

玉ねぎ&ニンニクで胃がん・胃の老化を予防!!

胃の老化は、胃の粘膜が薄くなることで傷ができやすくなる状態になることで起こります。老化が進むと、胃潰瘍のリスクが18倍、胃がんのリスクが100倍にもなると言われています。

ためしてガッテンの調査によると、40代~60代の人たちの半数の人たちの胃が老化していることがわかりました。

胃の老化の原因とは?

胃痛
しかし中には、胃の年齢が実年齢より50才以上若かった人もいました。 実は、胃の異常老化は、食生活や運動などが原因ではないのです。

胃の老化の真犯人はピロリ菌で、胃にピロリ菌がいない人は老化しないことがわかっています。

玉ねぎ&ニンニクでピロリ菌を減らす方法

ピロリ菌
ピロリ菌と戦うにはどうすればよいのかというと、気軽に自宅でピロリ菌と戦うには、食品による菌の抑制が有効です。

それには、食事に、ブロッコリーの新芽、緑茶、ココア、コーヒー、わさび、ショウガ、ニンニクジンを煮立てた、玉ねぎ、キムチ、ヨーグルトが効果的といわれています。

中でも、玉ねぎ&ニンニクは胃がん予防の切り札と、番組では発表しています。細かく切ったタマネギ2個とニンニク2個を飴色に炒め、ニンジンを煮立てた鍋に入れて食べるとよく、ピロリ菌を撃退する効果があると言われているので、ぜひ試してくださいね!

Return Top