ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

お役立ち情報

【ガッテン】シャツの黄ばみを家庭で取る方法がスゴイ!落とし方のポイントは?

ガッテン シャツ

衣替えをしている時に「あれ?この服、黄ばんでない?!」と思った経験はありませんか?

きちんと洗濯して直しているのにどうして…。お気に入りの洋服だとショックも倍増してしまいますよね。

今回は、シャツの黄ばみをご家庭でも取ることが出来る、目から鱗の情報をご紹介します。必見ですよ♪

スポンサーリンク

シャツの黄ばみの原因とは?

黄ばみ 原因

そもそもシャツが黄ばむ原因は何でしょうか。洗濯して見た目は綺麗になっているのに不思議ですよね。

実は洗濯しても皮脂汚れは完全に落とせないんです。これは漂白剤を使っても同じで中々しぶといんだそう。

通常の洗濯では2~4割ほどの汚れが繊維に残っていて、これが蓄積していき酸化します。すると黄ばみとなって現れる、ということ。

湿度や温度が高い環境の場合黄ばみやすくらしく、洗濯後4日くらいで現れるんだそうです。想像以上に早くてびっくりですね。

クリーニングしても黄ばむ理由について

黄ばむ理由

ご家庭で洗濯したものが黄ばむのはまだ仕方ないと諦めもつきますが、ドライクリーニングに出したものも黄ばんでしまったら何だかやるせません。

そもそもドライクリーニングというのは皮脂汚れを得意としています。専用の有機溶剤を使って綺麗に落としてくれるんですが、それは皮脂汚れに効果があるだけなんです。

水溶性であるたんぱく質汚れが苦手なんだそう。繊維にはこのたんぱく質汚れも付着していて、これが酸化して黄ばみとなります。お店でお願いする時はドライと水洗いの両方をお願いするといいですよ♪

ガッテンで紹介された黄ばみの落とし方

黄ばみ 落とし方

黄ばみを落とすには、「皮脂汚れ」と「たんぱく質汚れ」の2つの汚れを落とす必要があることが分かりましたね。

手っ取り早いのはクリーニングに出した後、自宅で水洗いするというもの。この時、順番が大切です。ドライクリーニングの後に水洗いでないと落ちないんだとか。これは皮脂の下にたんぱく質がついているからです。もちろんクリーニング時に水洗いもお願いしていれば一番手間がかからない方法になりますよ。

ただ普段着も全てとなると経済的ではありませんね…。

スポンサーリンク

黄ばみの原因を家庭で落とす方法

ということで自宅でも黄ばみを落とすことが出来る方法をご紹介します。大人気番組「ガッテン」でも紹介されて話題となりました。

<用意するもの>

  • 台所用の洗剤 濃縮タイプ:大さじ1/通常タイプ:大さじ2
  • 酸素系漂白剤(粉末) 大さじ1/2
  • 水 大さじ2
  • 洗濯洗剤 適量

<方法>

  1. 台所用洗剤と漂白剤、水を混ぜます。軽く泡立つくらい混ぜます。
  2. 黄ばみの部分に歯ブラシで塗りこみます。
  3. 1分ほど置きます。黄ばみが酷い時はもう少し置いてください。
  4. いつも通り洗濯する。

なんとこれだけでOK!普通に洗濯していれば綺麗になっていくんだそう♪頻度としては3ヶ月に1回くらいでいいので簡単ですね。衣替えの時にもやっておけば来年も安心です。

ガッテン シャツ

簡単ですがいくつかポイントがあるので、そちらも合わせてチェックしておきましょう!

<ポイント>

  • すすぎはしっかり行う。
  • 台所用洗剤は研磨剤入りは控える。
  • ウールやシルク、金属繊維のものには液体タイプの漂白剤を使う。
  • 液の作り置きはしない。効果が薄れます。また密閉容器に入れていると破裂する危険も。

もし黄ばみが全体にある場合は次の方法を試してみてください。

<全体の場合>

  1. 台所用洗剤と酸素系漂白剤、水を混ぜるとこまでは同じです。
  2. 2リットルのお湯に溶かします。汚れが酷い時は台所用洗剤を足しましょう。
  3. 洋服を入れて10分ほど漬けておく。
  4. 洗濯機に液体ごと全部入れて通常の洗濯を行います。

まとめ

綺麗に見えても見えない汚れが残っているんですね。特に夏場は汗をかきますので黄ばみには注意が必要です。

普通に洗濯していても落ちませんので、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

Return Top