ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

【金属アレルギー】 原因や予防、治療法は? ※ためしてガッテン

金属アレルギー
ためしてガッテン金属アレルギーについて
誰もが突然発症する可能性のある金属アレルギー

すぐに役立つ情報を紹介しているNHKためしてガッテンでも取り上げられた、金属アレルギーの原因や予防法をまとめてみました。

スポンサーリンク

金属アレルギーの原因・症状

金属アレルギー
時計やネックレスをつけた状態で汗をかくと、汗の塩分や弱酸性の性質などにより金属が溶け出します。溶け出した金属は小さな粒(イオン)になり、肌にしみ込みます。

さらに、私たちの皮膚にいる常在菌など何らかの菌が金属と一緒に体内に入ると、体の警備をする係である白血球が菌と戦い始めます。すると活性化した白血球は一緒に入ってきた金属も敵と認識し、攻撃を始めてしまうのです!!

これが、金属アレルギー体質になる原因です。傷があるときは菌が入りやすいので、傷がある部分には金属をつけない方が良いでしょう。
金属アレルギー
金属アレルギーはすぐに症状がでることもありますが、3~4日経ってから症状がでることも。肌にかゆみや湿疹が起こることが多いです。

金属アレルギーの予防法は?

金属アレルギーを予防するには、

・汗をかいたら金属をはずす
・金属が触れる場所を清潔に保つ
・傷がある部分は金属と触れないようにする
・きちんと歯磨きをする などが大切です。
金属アレルギー

金属アレルギーの治療について

パッチテスト
すでに金属アレルギーを発症している方は皮膚科でパッチテストを受け、原因を特定しましょう。

原因が特定できたら、原因となっている金属には触れないようにすることが大事です。

全身型金属アレルギーとは?

手足のかゆみ
金属アレルギーには、金属が直接触れていないのに背中や手足などにかゆみや湿疹が出る「全身型金属アレルギー」とよばれる症状もあり、歯の金属などが腐食することにより金属が溶け出し、それがアレルギーの原因になることも!!
歯みがきをしっかりして口の中を清潔に保ちましょう。

ただし、全身型金属アレルギーの原因は歯科金属だけではありません。気になる方は、歯科や皮膚科などでご相談くださいね。

これから、汗をかくことが増えてきます。ためしてガッテンで紹介された金属アレルギーの原因や予防法、ぜひ参考にしてください。

Return Top