ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

【隠れ斜視】 原因や治療法、チェック方法は? ※ためしてガッテン

大人の斜視 ためしてガッテン大人の「斜視」について
両眼の視線が合わなくなる病気「斜視」。実はこの斜視が疲れ目の原因かも!?最近は、パソコンやスマホの普及により、疲れ目を訴える方が多いようです。さらに、隠れ斜視は【自律神経失調症】につながる可能性もあるのだとか!!

そこで今回は、NHKためしてガッテンでも取り上げられた隠れ斜視の原因や治療法、チェック方法についてご紹介していきます。


スポンサーリンク


大人の隠れ斜視について

大人 斜視 物を見た時両目が同じ方向を向いていないことを斜視と言います。片方の目は正面を向いているのに、もう片方の目は無意識に別の方向を向いてしまいます。

斜視は、子供の頃に周りの大人が気付いて受診する…ということが多い病気ですが、周りの大人が異常に気付かなかったり、大したことはないとそのままにしている方も多くいらっしゃいます。

生まれつき病気と言う方も中にはいますが、高齢や交通事故、成人後などの斜視になる方もいます。眼球を支える筋肉の衰えや、神経の異常などで起こると言われています。目の疲れが原因で病院に行くと「斜視だった」という方も多くいます。
隠れ斜視 症状 NHKためしてガッテンでは、目を開けているときに目の向きがズレる「間欠性斜視」や、目を閉じているときに目の向きがズレる「斜位」のことを「隠れ斜視」と名付けていました。

隠れ斜視は、目を開けているときには脳が頑張って眼球を前へ向かせようとしているのですが、しだいに疲れてしまったり、気付かないうちに疲れてしまい、モノが二重に見える・ぼやけるなどの症状が起こって、ひどい疲れ目や肩こりなどにつながってしまうことがあります。

また、眼の働きは自律神経が正常に働くことによって成り立っているため、隠れ斜視による疲れ目が続くと自律神経が混乱してしまい、自律神経失調症につながる可能性もあるのです!!

自律神経失調症の症状とは?

自律神経失調症 隠れ斜視による眼精疲労は、【自律神経失調症】につながる可能性もあります。

自律神経失調症の症状にはさまざまなものがありますが、微熱やめまい、頭痛、肩こり、動機、下痢、しびれ、高血圧などが挙げられます。そのほか、吐き気や耳鳴り、不眠をもたらす場合もあります。どれもつらい症状ですよね…。

隠れ斜視の治療法は?

大人 斜視 子供の斜視は屈折異常やピント調節機能の働きすぎによって起こりやすいと言われています。子供の約2%に斜視がある子がいると言われており、1~6歳の頃は両眼視の機能が発達するのでこの時期に斜視になると大人になってからも斜視が残ってしまう可能性が高いです。そのため、早期発見&早期治療が必要になってきます。

隠れ斜視の治療法の1つが【手術】です。「斜視の角度に合わせて目の筋肉の位置を少し動かし、目のズレを治す」という方法で、目の局部麻酔でできて日帰りOKの場合もあります。費用は保険適用で3万円~5万円ほどです。

もう1つの方法は、レンズが斜めに切断されている【プリズムメガネ】です。プリズムメガネは目に入る光の角度を変えることができるため、楽にモノを見ることができ、目の疲れやすさを抑えてくれます。プリズムメガネは普通のメガネ代+0円~5,000円で作ることができるそうですよ♪

眼精疲労は「隠れ斜視」が原因?

眼精疲労の原因 隠れ斜視の人は目がわずかに外を向いている事が多く、物を見る時、目を内側に動かして正常な位置に戻さなければいけません。その際眼球の外側にある外眼筋という筋肉を使うことになります。外眼筋は片目のズレを正常な位置に保とうとするので、疲労が蓄積するという事です。

また、近くの物を見る為に目を寄せます。それが眼精疲労に繋がってしまうんです。一日たって目の疲れが取れればいいですが、一晩たっても眼精疲労が改善されない場合は隠れ斜視が原因かもしれません。

隠れ斜視が原因で眼精疲労になると証明された訳ではないですが、斜視になっている人が世の中にはたくさんいます。目の疲れや異変を感じたら眼科を受診しましょう。

ためしてガッテンのチェック方法

NHKためしてガッテン チェック方法 「NHKためしてガッテン」で紹介された隠れ斜視のチェック方法はこちら♪ 自宅で簡単にできるチェック方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

◆大人の斜視のチェック方法◆
①ご家族など誰かに新聞紙を横に持ってもらい、5m先に立ってもらいます。

②両目を開けたまま、交互に片目を隠しながら5秒ずつ新聞紙を見ます。

③新聞紙がズレて見えるかチェックしましょう。
※左右で新聞紙1枚以上ズレて見える場合はズレの角度が大きい可能性があり、隠れ斜視の疑いがあります。疲れ目が続いている方や、チェック方法でズレが大きい方は早めに眼科に相談しましょう。

スポンサーリンク
 
Return Top