ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

【子宮筋腫とは】 症状・痛み・手術について ※ためしてガッテン

子宮筋腫
ためしてガッテン「子宮筋腫」について
成人女性の5人に1人がかかるといわれている「子宮筋腫」。大した病気ではないと放置している方も多い子宮筋腫ですが、実は深刻な事態になる可能性も!!

ここでは、子宮筋腫の症状や痛み、手術などについてご紹介しています。

スポンサーリンク

子宮筋腫とは?

子宮筋腫
子宮筋腫とは子宮の中に腫瘍ができてしまう病気です。

女性にとって身近な病気である子宮筋腫ですが、中には「放っておいても大丈夫」と思っている方も多いのだとか。しかし、放っておくと深刻な事態になることも!!

子宮筋腫の症状や手術については続きでチェックしてくださいね。

子宮筋腫の症状や痛みについて

子宮筋腫
子宮筋腫の症状は腰痛や下腹部痛、便秘などのほか、手術になるほどの大出血や不妊といった深刻な症状を引き起こす場合も!!

では、筋腫がどれくらいの大きさであれば手術が必要になるのでしょうか?

手術すべき大きさは何センチ?

子宮に中に筋腫があると、妊娠や生理に大きく影響してしまいます。本人の体格によっても多少違ってきますが、一般的には筋腫の大きさ10cm以上であれば手術が必要と考えられています。

また、手術だけでなく薬で筋腫を小さくする方法もありますし、特に治療の必要なし(経過観察)の場合もあります。

「NHKためしてガッテン」で紹介された子宮筋腫の治療のポイントは続きをチェック!!

治療のポイントは?

子宮筋腫
「NHKためしてガッテン」の子宮筋腫特集で紹介された治療のポイントはこちら!!

◇筋腫の数や大きさだけでなく、筋腫ができた場所を把握した上で治療の必要性を見極める。

◇経過観察の場合は自己判断で放っておかず、定期的に受診し筋腫の状態を把握する。

誰にでも起こりうる子宮筋腫の症状や治療のポイント、ぜひ覚えておいてくださいね。

Return Top