ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

合併症が怖い「糖尿病」とは? 原因や症状、食事での予防について

糖尿病ためしてガッテン「糖尿病」について
生活習慣病とも言われる中高年に多い糖尿病は、放っておくとたいへん深刻な事態を生むことになります。現代人に多いとされる理由に、今の世の中の生活に大きく影響があります。

現代は非常に物にあふれ、食生活もたいへん豊かになっています。好きな物を好きなだけ食べられるとして、高カロリーの食事をお腹一杯に食べるということをやめようとはしません。それでいて肝心の運動は、おろそかになっている人が多いのです。

糖尿病は主な症状が現れないとされることから、知らぬ間に病気が進んでいたということも珍しくはありませんが、知識はしっかり身に付けておきましょう。

スポンサーリンク

1型糖尿病の原因と症状

糖尿病の原因

■原因■
すい臓のβ細胞が壊れるとインスリンが全く分泌されなくなり、その結果糖尿病を発症します。体外からインスリンを補給する必要があり、命に関わってきます。注射をかかさず持ち歩く必要があります。

■症状■
主に子供や若い人に多いⅠ型糖尿病は、初期の頃が風邪に大変似ています。その後は喉が渇いたり、尿が増える、急激に痩せるといった症状が出てきます。放っておくとケトアシドーシスに陥り、命に関わりますのですぐに治療を受けましょう。

2型糖尿病の原因と症状

■原因■
遺伝も関係があると言われています。他にも肥満や運動不足、ストレスがきっかけになり発病するので生活習慣病とも言われています。

■症状■
自覚症状がまずありません。いつのまにか発病していた、ということも多いようです。痛みなどもありませんが放置しておくと合併症の危険があるので、発見次第すぐに治療を受けましょう。

初期症状で一番多い「足の異常」について

初期症状 足

糖尿病の初期症状は最も足に出やすいとされています。それは「糖尿病神経障害」といって、末端神経に影響します。下記の症状があるような一度検査をしてみましょう。

  • 足先の痺れやピリピリ感、チクチク感
  • 以前に比べて冷える。または火照る。
  • ぶつけたりしていないので足先が痛い
  • 足の皮が以前に比べてむけやすい
  • 以前に比べて足の感覚が鈍い、違和感がある
  • こむら返りがよく起きるようになった
  • 長時間の歩行でふくらはぎに痛みが出る
  • 急に水虫になる。または悪化する。
  • 魚の目やタコが出来やすくなる
  • 巻き爪になる。悪化する。
  • 冬ではないので足が乾燥したりひび割れする

スポンサーリンク

糖尿病の症状で恐い合併症

糖尿病糖尿病で一番問題とされるのが合併症であることから、そうならないためにも早く気づくには定期的な健康診断がとても大切と言えます。健康診断の数値で、血糖値(グルコース)を気にしておく必要があります。

それには日頃から食事を低カロリーで抑えるようにし、栄養バランスのとれた野菜中心の食事を心がけることが大事です。

糖尿病の予防について

■食べ物や食事
まずは食事の見直しを行います。不規則な食生活は悪化させる恐れがあるので注意しましょう。まずはカロリーを摂り過ぎないようにすることが大切です。バランス良く1日の栄養を摂るようにしてください。

★ポイント

  • ゆっくりよく噛む
  • 三食きちんと食べる
  • バランスよく
  • 腹八分で抑える
  • 夜食や寝る前は食べない

■生活習慣
次に生活習慣の見直しも必要です。肥満気味の人は特に注意したいですね。 糖尿病は合併症を引き起こす危険がありますので気をつけましょう。

毎日続けられる運動を取り入れ、代謝をアップさせるのも大切です。またストレスを溜めないこともポイントです。何か発散出来るものを見つけましょう。そして最後に睡眠。しっかり体を休めることも大切です。

スポンサーリンク

糖尿病の食事療法のコツと注意点

糖尿病

■コツ とにかくカロリー計算が重要になります。 食事をすると誰でも血糖値は一時的に上昇します。しかししばらくすると低下していきます。糖尿病の場合はインスリンが上手く分泌されないので血糖値が下がりません。するとすい臓へ大きな負担がかかかります。すい臓の負担を軽くさせるには高カロリーな食事は避けないといけません。

■注意点:栄養バランス
一食一食の栄養バランスを考える必要があります。次の点に意識してみましょう。

  • 炭水化物:全体カロリーの50~60%
  • タンパク質:20%
  • 脂質:20~25% 

中でも脂質が25%を超えないようにしてください。中性脂肪やコレステロールの増加は注意が必要です。

■注意点:食べ方
三食きちんと食べることが重要です。そして早食いはやめて、栄養バランスの取れた食事をしましょう。 カロリー制限をしないといけませんが、食事の回数を減らしては却ってすい臓に負担がかかってしまい良くないのです。

間食をやめて、食事をしっかりと取るようにしましょう。ただし腹八分で抑えることも忘れずに。

まとめ

糖尿病の怖いところは合併症です。失明したり足を切断するといったことの他に、心臓疾患など命に関わる病気を併発することもあります。

食事療法は慣れるまでは少し大変ですが、習慣化していきますので続けてみましょう。そして軽い運動を取り入れること。 日々の生活を見直すことで改善していきますよ。

Return Top