ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

高血圧の原因や症状とは?食事や運動での予防法について ※ためしてガッテン

高血圧 食事ためしてガッテン「高血圧」について
生活習慣病の一つでもある高血圧症。一般的に高血圧とは、血圧の上が140、下が95以上の事をいいます。以前は上が135、下が90でしたが、最近修正されました。健康診断などで血圧が高めと指摘されたら、すぐに対策したいですね。

放っておくと高血圧症だけでなく、他の病気を引き起こすこともあります。場合によっては命に関わることもありますので気をつけましょう!

ここでは、高血圧の原因や症状、食事や運動の予防法についてご紹介します。

スポンサーリンク

高血圧の原因や症状について

高血圧原因は、年齢とともに血管の弾力性がなくなることと、長年の味の濃い食事です。

他にも心臓病や腎臓病などが誘引となる場合もあります。まずはそれらの病気がないか確かめましょう。誘因となる病気がよくなると、血圧も自然に下がります。

また、年代でも原因が変わっていくので見てみましょう。

■女性特有「閉経期高血圧」
若い頃はどちらかというと低血圧だったのに、閉経期を迎えたあたりから高血圧になるということがあります。これは比較的多い症状で、女性特有のものです。

主な原因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少です。血管の柔軟性が低下したり働きが弱くなってしまうんだとか。また体内の余分な塩分の排出も上手く出来なくなるので血圧が高くなってしまうようです。

■40代の高血圧の原因
40代は働き盛りといわれる世代です。実はこの世代になると2~3人に1人は血圧が高いという報告があります。

これは職場で責任ある立場になっていたり、子供の教育や住宅ローンなど気苦労が増える時期です。ストレスが溜まって高血圧を引き起こすことは少なくありません。

■50代の高血圧の原因
50代は社会的地位に立っていたり、定年退職前という時期になります。ストレスも蓄積されますが、逆に体の代謝は落ちていく一方に。肥満や体力の低下、運動不足などが重なり、高血圧を引き起こします。

また加齢による血管の衰えも出てきますので、高血圧症の割合は多くなります。

高血圧の症状は頭痛、動機、息切れ、のぼせなどです。そんなときは、しばらく椅子に座るか、横になり深呼吸をしましょう。そうすれば、少しは血圧が下がり症状は落ち着きます。

高血圧には自覚症状がないことについて

高血圧 症状例えば風邪を引いた時。くしゃみや咳、鼻水、発熱といった自覚症状が現れます。これにより私達は薬を飲んだり、病院に行ったりしますよね。では高血圧はどうでしょうか。

実は特有の症状というのはほとんどないんです。定期的に測定しないと発見は難しくなります。また、早期発見出来た場合もつい放置しがちになり、気付いたときには進行してしまって他の病気と合併症を起こすケースもあります。

これらを踏まえて高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれています。

スポンサーリンク

高血圧を予防する食事

高血圧高血圧にならないための予防法は、とにかく減塩食にしましょう。漬物やうめぼし、佃煮などは禁物です。塩鮭などは1切れ食べただけで、1日の食塩料を満たしてしまいます。

食事は薄味にし、物足りない場合は、香辛料や、お酢やレモン、生姜やみょうがなどで味に変化をつけるといいです。

食卓に醤油は置かずに、だし汁で薄めただし醤油やポン酢に変えて、なんでも醤油やマヨネーズ、ケチャップなどかけるのもやめましょう。

高血圧とコーヒーの関係について

昔はコーヒーに含まれるカフェインが高血圧を引き起こすと考えられていました。ですが最近の研究では全く関係がないことが分かったんです。ましてやコーヒーを飲む人の方が高血圧になる人が少ないという結果に。ですので安心して飲んでくださいね。

ただし、カフェインは過剰摂取すると別の問題が起きてしまうのでほどほどが一番です。

高血圧を予防する運動方法

高血圧予防するための運動方法として、軽い運動、ウォーキングなどするといいです。運動すると、筋肉が動くことで、血管も太くなったり細くなったりするので、血管が柔らかくなります。

しかし、激しい運動(脈拍が100以上)かえって血圧を上げるので、注意が必要です。

まとめ

血圧が高いと指摘されたらまずは食事を見直し、運動を取り入れるようにしましょう。

一番良くないのは面倒だといって放置することです。特に発症数が多い40~50代というのは仕事も忙しい世代。「あとで・・」と放置していると、怖いしっぺ返しが待っているかもしれませんよ!後悔しない為にも、少しでも出来ることは始めましょう。

Return Top