ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

肺炎(肺炎球菌)の症状について! 大人や高齢者の予防法は? ※NHKためしてガッテン

肺炎
ためしてガッテン「肺炎」について
肺炎球菌は、肺炎を起こすもととなる菌で、最近よく聞くようになり、大人から子供まで多くかかるようになってきているので、注意が必要です!

スポンサーリンク

肺炎球菌の感染方法は?

肺炎
のどや鼻の粘膜などから感染して、健康な状態の時には肺炎球菌が体内に入っても、免疫によって退治され、体に影響を及ぼさないことが多くあります。

しかし、免疫力が落ちている場合には、そのまま肺炎などに移行する危険性が高くなります、特に高齢者は、現在元気な人であっても、免疫力が若い時に比べて落ちているので注意が必要です。

肺炎(肺炎球菌)の症状とは?

肺炎
肺炎になった時の症状には、咳が出たり、呼吸が苦しいといったものがあります。

しかし、これを風邪を少しこじらせただけと判断して、肺炎を悪化させてしまうこともあるので、咳が止まらない、呼吸が苦しいなどの症状があれば、早めに医療機関を受診することが大切です。

肺炎球菌の予防法は?

肺炎
最近は、予防法として、肺炎球菌のワクチンを接種する方法があります。

ワクチンを接種することによって、体内に肺炎球菌に対する免疫を作り、感染を防いだり、肺炎の症状を軽くするという予防法です。

ワクチンを接種する際の注意点

ワクチンを接種する時の注意点としては、体の状態が良い時に行うということがあります。

熱があったり、その他、具合が悪いときには接種を控えるようにします。また、接種後すぐに効果があるわけではなく、免疫ができるまでに3週間程度かかります。

ワクチンの接種は非常に有効な予防法です。しかし同時に、外出したら手洗いうがいをする、食生活や睡眠、運動などに気をつけるといった日常生活にも気を配ることが大切です。

Return Top