ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

病気関連

腎臓病の症状・原因・食事とは? 動脈硬化の危険も!! ※ためしてガッテン

腎臓病
ためしてガッテン「腎臓病」について
腎臓は大事な働きをする臓器です。

食事の内容から負担を受けることがある臓器で、血液中に増えた余分な塩分を尿として体外に排出したり、たんぱく質が燃えて体に有害になる物質である尿酸や尿素窒素を処理する際に負担がかかります。

スポンサーリンク

腎臓病の症状や原因は?

⇒ 腎臓病について【動画】

テレビでは腎臓病の真実として、少し腎機能が低下しただけでも突然死のリスクが増えると警鐘を鳴らしていて、食事の内容を改善せず負担が増加を続けると、腎臓病の原因となり尿が出なくなったりする症状があります。
腎臓病
原因は、腎臓が老廃物をろ過する毛細血管フィルターの内壁にあいている小さな穴が、過剰な糖分や脂肪により負担がかかりろ過能力が減少することで、ろ過率の低下を感じた体が血液の流れをはやめるため、高血圧の症状が出るようになってきます。

そうすると全身の動脈硬化が進行したり心臓病や脳卒中になる可能性が高まり、突然死に至る可能性が高くなります。

腎臓病を予防するための方法は?

腎臓病
腎臓病を予防するための食事内容と、治療が必要になってからの食事内容には違いがあるため、腎臓の機能の低下を感じたら医師に相談を行い食事療法を進めるべきです。

誤った方法で悪化させてしまわないことが重要で、機能が50%より低下していない状態であれば回復する人もいるため、諦めずに取り組みを続けることが大切です。

Return Top