ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

健康食品

美味しい&簡単ぬか床の作り方!! 効果・効能は? ※ためしてガッテン

ぬか床
ためしてガッテン「ぬか床」について
ぬか漬けには植物性乳酸菌が豊富に含まれています。植物性乳酸菌は普通の動物性乳酸菌に比べ酸に強く、生きたまま腸まで達する事が出来ます。

ここでは美味しい&簡単ぬか床の作り方や効果・効能をご紹介!ぜひ試してみてください♪

スポンサーリンク

美味しいぬか床の効果・効能は?

ぬか床
ぬか漬けやぬか床に含まれている【乳酸菌】は、腸内環境を改善して便秘を解消し、美肌効果をもたらします。また、肥満や糖尿病予防の効果も知られています。

更に腸内の免疫細胞を活性化させる効能があり、ウィルスの増殖を抑制して風邪を予防する他、アトピーなどのアレルギー疾患やガンなどへの効能が期待されています。

簡単なぬか床の作り方について

ぬか床の材料や作り方はコチラ♪

ぬか床
【ぬか床の材料】
米ぬか、塩、昆布、鷹の爪を用意します。

【ぬか床の作り方】
①水に塩と昆布を鍋に入れ、ひと煮立ちさせた後、昆布を取り出し、そのまま冷まします。

②ボウルに米ぬかを入れ、冷ました塩水を加え、味噌の硬さになるまで混ぜます。

③これを密封容器に入れ、先に取り出した昆布と鷹の爪を加えます。

④このぬか床に白菜などの葉物野菜を入れ、4~5日漬けます。これは捨て漬けと言い、葉物野菜に付着している豊富な植物性乳酸菌をぬか床に移すために行うものです。

⑤漬けた野菜を取り出し、その後2~3回新たに野菜を漬け、ぬか床の植物性乳酸菌を増やします。

ぬか床の作り方で注意が必要なのは、良くかき混ぜて雑菌の繁殖を防ぐことです。

但し、乳酸菌が酸素を嫌うので、かき混ぜた後、ぬか床の空気をしっかり抜くことが大切です。

Return Top