ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

高齢者に多い膝の痛みの原因は?運動や食べ物で解消するならココ!

膝の痛みためしてガッテン「膝の痛み」について
高齢者の膝の痛みの原因は、加齢により筋肉量が減ってくるからです。長引くと動くのも億劫になってしまって余計に筋力が低下してしまいます。かといって無理に動くのも難しいですよね

膝は人間の身体の中でも常に使っているものなので、筋肉量が落ちてきたうえに膝を酷使していると痛みを伴うのも当然といえます。

ここでは、高齢者の膝の痛みの解消法をご紹介!予防や対処法を覚えておくと今後役立つかもしれませんよ♪ ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

高齢者の膝痛の原因について

膝の痛み高齢者の場合、筋力の衰え元々持っていた膝の疾患潤滑液の低下による軟骨の擦り減りが考えられます。

かといって筋力トレーニングを行うにも限度があり、望むほどの効果は期待出来ません。なるべく筋力を低下させないようは努力したいですね。

高齢者の膝の痛みの解消法は?

膝の痛み高齢者の膝の痛みを解消するには、病院でのリハビリが一番いいのですが、なかなか時間も費用も取れないのが現実です。膝にサポーターをつけることで膝への負担が減って、楽になることもあります。

膝の痛みに効果のある運動は、激しい運動は避けて、ストレッチ軽い体操を繰り返し、毎日継続することが重要です。効果のある運動の一つにプールでのウォーキングがあります。プールで運動すると膝への負担が減るうえに筋肉量がついてくるからです。

これに加えて、日ごろから摂取してほしいサプリメントがあります。膝のクッション性をよくする【グルコサミン】【コンドロイチン】、さらに関節の骨を上部にする【カルシウム】などを摂取すれば膝の痛みの原因が改善、解消されていきます。

特に年を取ると食事の量も減って、栄養分そのものも減ってきます。意識してサプリメントでグルコサミン、コンドロイチン、カルシウムなどを取って、運動も併用して行いましょう。きつい運動は、かえって逆効果になりますので注意してください。

軽めの運動でも膝の痛みは、改善・解消していくので、安心してくださいね!

スポンサーリンク

老化による膝痛の予防法

膝の痛み高齢者でも出来る予防法というのもありますのでぜひ取り入れてみましょう。

やはり筋力アップは重要です。膝は体のバランスを保ち、クッションの役割を担っています。そこでおすすめなのがラジオ体操やストレッチ、水中でのウォーキング、太極拳などになります。ゆっくりと体を動かすので負担もかかりにくく、取り入れやすいですね。 もちろん可能ならスクワットやジョギングなども行ってみましょう。ただし無理は禁物です。

次に必要な栄養素を積極的に摂取しましょう。 日ごろの食事では難しいという場合はサプリメントを活用するのもおすすめです。コラーゲンやグルコサミン、カルシウムをバランスよく摂取してくださいね。

痛みが引かない場合の対処法は?

痛みが引かない時は痛み止めを飲むと緩和します。ただし一時的なものなので再発するのは間違いないでしょう。

また整形外科で診てもらったものの問題ないと判断され、湿布を処方された場合も同じです。 そんな時はまずはサポーターをしてみましょう。膝の負担を少しでも和らげてあげることが大切です。

また歪みが原因の場合はカイロプラクティックがおすすめです。骨の歪みは自分では治せませんので一度診てもらうといいでしょう。

まとめ

高齢者の膝痛はそのままにしておくと余計に悪化してしまう恐れがあります。歩けなくなると周りへの負担も大きくなってしまいますので、放置せずにゆっくりでもいいので改善していきましょう。

出来ることから少しずつ始めることで、痛みが緩和されていきますよ。

Return Top