ためしてガッテン情報ガイド

ためしてガッテン情報ガイド

体の悩み

下痢の原因はパンと胆汁!? 対策はコレ ※NHKためしてガッテン

下痢
ためしてガッテン
2015年11月18日放送の『NHKためしてガッテン』は下痢特集でした。慢性的な下痢でお悩みの方、もしかしたらあなたの下痢はパンや胆汁が原因かも!?

さっそく、NHKためしてガッテンで紹介された下痢の原因や対策法をご紹介します!

スポンサーリンク

下痢の原因はパンと胆汁!?

下痢
そもそも下痢は、大腸から水分が多量に分泌されることが直接的な原因で起こります。大腸に水分を分泌させてしまう原因の1つとして、NHKためしてガッテンでは「糖」が紹介されました。

糖の中でも、牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳糖を含む食品やマンゴー・梨・リンゴなどの果糖、ハチミツや人工甘味料を含んだお菓子、小麦などのフルクタンの仲間は小腸で分解・吸収されにくく、大腸にまで到達してしまいます。すると大腸は混乱状態になってしまい、下痢の症状を悪化させてしまうことがあるそうです。ということは、小麦を使用して作るパンでも下痢を起こす可能性があるかもしれないということですね。
下痢
また、小腸の入り口で分泌され、小腸の末端部で吸収される胆汁が大腸に流れ込むことでも、下痢を起こすそうです。胆汁が大腸に流れ込んでしまう原因としては、感染症や食あたりなどの炎症を繰り返したことや、盲腸などの手術で過去に小腸を切っているなどの理由により、小腸の胆汁を吸収する機能が低下していることが考えられています。

『その日の最初の食事から1~2時間後に下痢が起こる』『腹部に強い痛みはない』『便を出した後は症状が回復する』などの症状がある場合は、胆汁による下痢の可能性があります。

腸を刺激しにくい食べ方とは?

下痢
糖が原因で下痢を起こしてしまう場合、「上で挙げた食品を食べなければいいのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし そうではなく、バランス良く食べることが大切です。その上で『一度に多くの量を食べない』、『消化のよい食品と一緒に食べる』などの方法を行うことで、下痢のリスクを減らすことが出来るそうです。

白米や、豆腐などの大豆加工食品は下痢を引き起こしにくいので、ぜひお食事に取り入れてみてくださいね。

胆汁による下痢の対策法はコレ

下痢
胆汁による下痢には、『朝ご飯のタイミングを変える』『朝ご飯の量を少なめにする』といった対策が有効です。胆汁による下痢の場合は下痢止めの薬が効かないようなので、ぜひこれらの対策法を試してみてくださいね。

慢性的な下痢でお悩みの方はもちろん、ご家族が下痢で辛そうだという方の参考になれば嬉しいです。

Return Top